【香港スタートアップ事情】香港で最初にコワーキングスペースをオープンしたCoCoon Co-Founder Theodore氏にインタビュー

addlight journal 編集部  addlight journal 編集部

香港で最初にコワーキングスペースをオープン

今回は、香港でもいち早くコワーキングスペースの事業に着手したCoCoonへお邪魔し、Co-founderのTheodore Ma氏にお話しを伺いました。

Theodore氏は、米国スタンフォード大学でコンピューターサイエンスとコミュニケーション学を専攻した後、香港大学でイーコマースを学ばれました。大学院を卒業してからは、家族経営していたアクセサリー販売事業のオンライン化を推進し、2007年にはアクセサリーをお客がデザインしてプレビューできるWebサービスをローンチしたご経歴の持ち主です。

CoCoonのエントランスホール

その後、香港で起業がしやすいインフラを構築すべく、2012年にCoCoonを共同設立し、コワーキングスペースの提供、投資事業、起業家育成といった分野でご活躍されています。

左手にシェアードオフィスのエリア、右手にはプライベートオフィスとなっている

起業家精神を根付かせたい

「CoCoonを通じて、香港の起業家精神にもう一度火を灯したい」とTheodore氏は語ってくれました。その思いから、高校生、大学生からスタートアップや新規事業を仕掛けたい企業まで、幅広く支援し香港における起業家スピリットの底上げに尽力しているそうです。

行っている事業としては、主にコワーキングスペースの提供、教育プログラムの企画・運営、投資事業などで、コミュニケーションを活性化させるためにイベントやミートアップも頻繁に実施しています。また、学生に向けてはThe Student Training in Entreprenership Programme(STEP) と題して若手起業家候補の育成を行い、スタートアップ企業にインターン生として紹介するなど、スタートアップコミュニティーと学生の架け橋となる役割を担っています。

投資においては、シード/アーリーステージのスタートアップをメインとしており、香港にとどまらず海外のスタートアップにも積極的に支援する方針です。投資分野は主に小売とオートメーションで、小売はTheodore氏がアクセサリー販売のバックグラウンドということで、スタートアップのアイディア/サービスをアクセサリー事業を通じて検証することもあるそうですが、もともと香港には小売業の企業が多くアジア圏のヘッドコーターを香港に置いている企業が多いことも大きく関係しています。また、オートメーションの分野は、例えばチャットボットを使ってカスタマーサービスを自動化するなど、テクノロジーを使って自動化し生産性を高めることができるサービスであれば投資検討対象に入るようです。

熱く語るCoCoon Co-FounderのTheodore Ma氏

香港を中心にグローバルに展開しながらエコシステムに貢献

現在は8社に投資しており、追加で10社程度の投資を検討されています。現在投資している8社の内、香港人CEOがいるのは3社のみ。それ以外は外国籍の方が代表を務めているそうです。中国にもパートナー企業となる起業家や投資家ネットワークを持っており、中国進出のコツも紹介してくれました。

こうみると間違いなくグローバルに展開されており、これまでのイベント参加者数はのべ18,000人を超えるコミュニティーを築き上げたCoCoonに対し同業界の仲間からは、もっと拡大していけば良いのではないか、という声が上がっているそうです。それでもあくまで香港ベースにこだわっているTheodore氏は、香港ローカルコミュニティーから理解と信頼を得て起業家精神の活性化が大切であり、今後もローカルパートナーと繋がって成長していきたいことを強調されました。

また、CoCoonでの定期的なピッチイベントを継続して企画運営しており、現場感を持ちながらコミュニティ形成や人材育成などを通じて香港のスタートアップエコシステムに貢献されている姿勢が印象的です。CoCoonのブログでは、香港に関連するスタートアップ関係者の活動を紹介したり、それを小冊子にまとめて出版するなど、情報発信も熱心です。欧米の大学を卒業してどこでも働けるスキルをお持ちでありながら、CoCoonの活動にコミットしている姿から、香港からイノベーションを起こすことへの熱意と香港自体に対する愛情を感じ取ることができました。

CoCoonに所属したスタートアップ、投資家、パートナー企業のロゴが壁一面にズラリと貼られていました

弊社では今後も海外スタートアップコミュニティと幅広く連携していきます。今後も、弊社とCoCoonはパートナーとして、様々な活動や企画などご一緒していきますのでお楽しみに。本記事やCoCoonへのお問い合わせがございましたら、ぜひこちらからお気軽にご連絡ください!
Written by N.