TAG 新規事業

CVC、アクセラレータープログラム…オープンイノベーション推進の鍵は「協業仮説・協業先・社内巻き込み」

10月21日、「オープンイノベーションの事業創造と具体的戦術:Knowledge Place Opening Month」がKnowledge Place(東京・虎ノ門)にて開催。登壇者:富士通株式会社 イノベーション鈴木氏、株式会社ポーラ・オルビスホールディングス 岸裕一郎氏、東急株式会社 福井崇博氏、弊社代表 木村

新規事業開発による未来予測手法(シナリオ・プランニング)

未来の”読み”を当てることは難しいですが、仮説を立てることは可能です。さらに複数の道筋を考えることで未来の世界をより具体的にイメージしていくことができます。これをシナリオ・プランニングといいます。ここでは自動車のリース事業における将来予測および新規事業のアイディア創造を例に進め方を解説。