0

採用しても人が定着しない会社に見られがちな4つのミス

起業家のための急成長ベンチャー企業におけるHR戦略(Fin Book Camp #8)

「Fin Book Camp」は、株式会社アドライトが主催する、起業家のための資金調達や資本政策等ベンチャーファイナンス全般に関するテーマを題材にした勉強会シリーズです。第8回目となる今回は、少し別の角度から企業の成長を考えるべく、「急成長ベンチャー企業におけるHR戦略」をテーマに河合聡一郎氏が登壇。

河合聡一郎氏

河合聡一郎氏

河合氏は、ビズリーチやラクスルをはじめとする数々のスタートアップの創業期の採用を一手に担ってきた人物。一方で、同時に複数社のインターネットベンチャーの創業や、ハンズオンでの組織創りの支援を行い、2社のIPOにも貢献。その後、2017年5月にHR系Webサービス開発から企業投資、組織・採用コンサルティングを提供する株式会社ReBoostを創業。HR系のメディア・BizHintへの寄稿記事「スタートアップ創業者が全力で探すべきは、こんな人材」が大きな反響を呼んだのが記憶に新しいところ。

「この仕事や成果が似ている」を基準に採用を

「スタートアップが特に採用を頑張らなくてはならないフェーズは大きく分けて2回あります。1つめは、プロダクトやサービスの方向性が見えてきて、収益化が進み、世の中に一気に勝負をかけていこうとするタイミング。とにかくプロダクトを広げていくための強い組織創りをしていくことを最優先にすることが求められます。2つめは大型の資金調達などが完了したり、更に数年後を見据えて組織の総合力を高めていくフェーズ。一方、採用の質を高めることに注力しなくてはなりません」と切り出した河合氏。フェーズ毎に適切な人材を採用し組織を作り上げるために欠かせないのが「事業理解」「採用戦略立案力」「採用実行力」の3つのステップ。

組織戦略のための3つのステップ

「まず、事業の本質的な価値の源泉とそれを支える人的資源を考えなくてはなりません。半年後、1年後といった少し先を見ておき、その時には自分たちのビジネスがどのようになっていて、それを実現する為にはどのような人材が必要なのかを考えていきます。単に人を積み上げて組織を作るのではなく、組織の“ハコ”に優先順位を付けて、そこに人材を当てはめていくという逆斬的な考え方が必要になってきます。そのためには、現状の組織の状態がどうで、本来どうあるべきかを理解しなくてはならず、ここを考えずに採用していくと組織運用がうまくいかず、結果として、会社の生産性は落ちます」

採用する人材像と経営戦略、そして組織戦略は、常にPDCAをまわしていくもの。コツとしては、募集職種の成果定義・ビジネスモデルや業務理解・適切な人材要件定義から考えるといいそう。あるベンチャーで、採用のサポートを行うアシスタントを採用する時に、「日程調整をたくさんおこなう仕事」「オペレーション能力がある」「ホスピタリティのある対応をする」という観点から、星野リゾートのフロントスタッフを採用した例を挙げました。「業種は違えどこの仕事は似ている、成果が似ているという視点が必要」と説きました。

採用ギャップは面接で伝えきれていないことで発生しがち

では、採用ギャップはどんなことが要因で起きてしまうのか。せっかく採用したにもかかわらず短期間で辞めてしまったり、会社のカルチャーfit含めて、組織創りの観点から合わなかったりするのは、だれもが不幸なこと。その際起きがちなものが「4M」という4つのミスといいます。

採用における大事なポイント

1.Miss Hiring(採用ミス):採用のスケジュールやオファー内容など、相手側が主導での都合に合わせて採用した際に起こりがち
2.Miss Evaluation(面談での評価ミス):面談の評価がずれ、結果、入社前の期待値のギャップから起こりがち
3.Miss Assignment(仕事の任せ方のミス)
4.Miss Development(教育方針のミス)

特に2つめの「Miss Evaluation(面談での評価ミス)」は面談中に「期待値の整理」について伝えていないことが大きいといいます。同じポジションや職種でどんな成果を上げられるのかを共有したり、入社後やってもらいたい仕事ベースで質問をしていったりすると、レジュメでは見えないその人の仕事の進め方やスタンスが見えてくるそうです。こうして適切な評価で採用された人材を適切な場所に配置することで、Miss Assignment(仕事の任せ方のミス)も少なくなるとのこと。

河合聡一郎氏

最後に河合氏はこうした評価の軸が定まったとして、「どのように人を集めるべきか」に触れました。「ダイレクトリクルーティング」「リファラルリクルーティング」「採用広報」「エージェントを介したリクルーティング」等の手法がありますが、共通して気を付けるべき点は「採用側と候補者の間のギャップを埋める」ということ。「採用環境において自社はどのように位置づけられており、どのように候補者から見たときに、グルーピング、いわゆるどの様なフェーズや業界の会社と一緒にされているのか確認しないと、実際に採用したい人材が自社を見てくれるのかどうかがわからなくなってしまう(河合氏)」

オーディエンスから積極的な質問が飛び交う

講演後、会場から「どれくらいの割合を人材や組織創りに割り振るべきなのか」「ニッチな分野を攻める際、どのように人材を探すべきなのか」「協業メンバーとビジョンがずれている気がするがどうすればいいか」といった質問が矢継ぎ早にあがりました。「人事制度や評価制度は会社がある程度安定しているときにやったほうがいいです。自分たちのビジネスの収益性も考えて人件費を考慮した方が良いと、現在はアドバイスもしています」等、具体的に指南していました。

採用はイーブン。互いが選び、選ばれる。上記を心得ておくことで、よりよい人材獲得・育成につながるのかもしれません。

AIで市場予測、移民向けオンラインストア—世界のFinTechスタートアップ

FINOLAB

去る9月19日〜22日行われた、日本経済新聞社と金融庁、フィンテック協会共同開催のFinTechイベント「FIN/SUM WEEK 2017(フィンサム ウィーク 2017)」。大手企業との協業機会を得るべく「ピッチラン(プレゼンコンテスト)」に登壇した32社中8社の海外スタートアップ陣が、FinTechによる新規ビジネスを生み出す拠点「FINOLAB(東京・大手町)」に集結し、再びピッチを披露。アドライト編集部が気になったスタートアップをダイジェストでお届けします。

だれもがサービスを受けられる世界に「MYCASH ONLINE」

「出稼ぎ労働者のほとんどが銀行口座を開設できず苦労している。貯金や送金サービスが購入できるマーケットプレイスの仕組みを提供したい」との思いから作ったという「MYCASH ONLINE(マレーシア)」は、出稼ぎ労働者や移民向けのオンラインストア。

MY CASH ONLINE

利用者は専用ID登録後、発行されたパスワードとPINを使ってMYCASH ONLINのWEBサイトにアクセスし、バウチャーを購入。そうすることで、飛行機やバスチケット等の入手、プリペイド携帯電話のチャージ、モバイル送金等購入できる。カスタマーセンターも利用者の母国語に対応する等、こまやかなケアを提供している。

アプリで複雑な保険の理解から購入、管理までできる「PolicyPal」

シンガポールでの保険登録には5週間かかると言われている。アポの設定から始まり、メールアドレス等連絡先の交換、Visaの確認等が発生するためだ。しかもそれらは手入力が主という。そこでスマホアプリで、保険商品の理解から購入、管理まで行えるようにしたのが「PolicyPal(シンガポール)」。

PolicyPal

OCRを活用し、写真やドキュメントのスキャンや分析、フィードバックに至るまでわずか5分で済ませることに成功。旅行保険、生命保険、医療保険を取り扱い、データベースには27以上の保険会社が登録されており、東京海上日動火災保険や損保ジャパン日本興亜、プルデンシャル生命保険等も含まれているという。同サービスは個人だけでなく、法人にも対応している。

2016年4月スタート後、同年10月に500 Startupsから支援を受け、金融機関のガイドラインを発行している「MAS Fintech Sandbox」へ加入する等勢いを増している。

AIで金融マーケットの動向をデイリーで予測「I Know First」

正しい投資判断のサポートをすべく、AIを使って金融マーケットの動向をデイリーで予測する仕組みを提供。株や商品、金利、ETFs等3,000以上のアセットを解析しているという。

具体的には、日々AIアルゴリズムがデータを収集・解析し、そのデータを「I Know First(イスラエル)」のデータベースに登録。機械学習の学習サイクルにのせることでマーケットがオープンするまでにマーケットの動向を予測できるという。機械学習のアルゴリズムには、ディープラーニングや強化学習等、複数のメソッドを活用している。

I Know First

AIアルゴリズムのブレーンとしてAIやマシンラーニングで25年以上のキャリアをもつワイツマン科学研究所の教授を迎えているIKnow First。テルアビブ大学の教授をはじめ、マシンラーニングや数学、統計学のスペシャリストやデータサイエンティストを集めてプロジェクトを進めているそう。現在、東京証券取引所への対応を検討しており、パートナーを募集しているという。

後日、FIN/SUM WEEK 2017のスタートアップピッチコンテストでファイナリストとなった「TenX」のCPO&Co-founder・Paul Kittiwongsunthorn氏と「TelCoin」Chairman・Paul Neuner氏に、仮想通貨で資金調達を行う「ICO(Initial Coin Offering)」をテーマにインタビューしたもようをお届けします。お楽しみに!

マレーシア政府主導のイノベーション「MaGIC」とは?

MaGIC

こんにちは。addlight journal編集部です。今回、マレーシア政府主導の取り組み事例として、同国財務省直属のイノベーションセンター「MaGIC(Malaysian Global Innovation and Creativity Centre)(以下、MaGIC)」について紹介したいと思います。

MaGIC設立・ナジブ首相の狙い

その前に、みなさんはマレーシアのナジブ首相についてご存知でしょうか。クアラルンプールをイスラム金融の中心地とすべく、国際金融地区「トゥン・ラザク・エクスチェンジ(TX)」の建設を行うといった取り組みで知られており、マレーシアの産業高度化を積極的に推進している人物です。ナジブ首相は、オバマ元・合衆国大統領とも親密な関係を築いており、約半世紀ぶりの現職大統領の訪問を実現させるなど、積極的な対米外交も行っています。彼ら主導のもと、マレーシア財務省直属のイノベーションセンターとして設立された機関がMaGIC。

MaGICのプログラムとイベント

MaGICはスタートアップの成長を加速するためのアクセラレーション・プログラムやネットワーキング・イベント、アカデミック・セッションなど多様な活動を展開しています。特筆すべきは「GAP(Global Acceleration Programを)」という、最大80チームのスタートアップを4ヶ月間かけてピッチが行えるレベルまで成長させるというアクセラレーション・プログラムです。最新の2017年のバッチには、現在世界17か国から57のチームが参加しています。プログラム自体はトレンドの理解やビジネスプランの構成、メディア向けのストーリー・メイキングといった学習セッション、ASEAN地域でのビジネス展開支援や、UXの洗練、成長分析といったビジネス拡大に向けたサポートを行うセッション、そしてピッチに向けたDDなどのエグジット支援を行うセッションなどから構成されているようです。

最新の2017年参加チームは以下の通りです。(一部抜粋)
国際色豊かで、1つのバッチにこれだけ様々な国籍のチームが参加しているのは珍しいケースと思われます。今回、ヘルスケア関連が多い印象を受けました。

  • スポーツ
    • 42Race (シンガポール)
      ランナーのためのソーシャル・プラットフォーム。
    • BiiB (マレーシア)
      ランナーのためのアプリケーション開発。コース、距離の記録や、オンラインイベントへの参加が可能。
  • ヘルスケア
    • AllizHealth(インド)
      予防医療のためのヘルスケアサービス。30名の現役医師の支援のもと、デバイス上で自身の健康状態を管理できるようになる。
    • CarinMED (マレーシア)
      中小医療機関のためのプリケーション開発。患者データの管理等ができる。
    • GetDoc (マレーシア)
      診察のアポイントメントシステムの開発。僅か数クリックで、最適な医師を探し出してアポを取ることができる。
    • CEMPIA (インド)
      医療機関向けに開発された、患者の満足度向上のためのアプリケーション。患者からのフィードバックやサジェスチョンを様々な媒体で収集、統合管理できる。
    • TeleMe (マレーシア)
      ユーザと医師や薬剤師とを結びつける医療用プラットフォーム。デバイス上で医療に関する相談が可能に。
  • レビュー
    • 100Comments(マレーシア)
      消費者向けのレビューサイト。商品ごとの購入者のレビューを参照できる。
  • 民泊
    • Ami(ベトナム)
      民泊経営者のための経営支援アプリ。オンラインでの請求書送付等が可能。
  • 心理
    • Artha Ltd(香港)
      ユーザの感情を読み取るAI、Little Dragonの開発を行っている。
  • グループワーク
    • Assignment Hero (オーストラリア)
      グループワークのためのGoogleアプリケーションの開発、運営。
  • 子供向け
    • Bookyboo(マレーシア)
      子供1人ひとりにカスタマイズされたギフト用絵本の作成サービス。
    • CafeBond.com (シンガポール)
      世界中のコーヒー豆が味わえるコーヒーショップの運営。
    • ChubbeeCloud(マレーシア)
      マシュマロにメッセージをプリントし、オリジナルのギフトが作成できるサービス。
  • 弁護士
    • Canlaw (マレーシア)
      弁護士検索のためのプラットフォームの運営。
  • 介護
    • Caredo(マレーシア)
      ケアワーカー検索のためのプラットフォームの運営。
  • マッチング
    • Cloud Breaker(香港)
      インフルエンサーのデータベース。実際にコラボレーションするところまでカバー。
  • 保険
    • Cover Go (香港)
      保険サービスを一括管理し、その穴を見つけてくれるアプリケーションの開発。
  • オンラインマーケット
    • HypeHarsh (スリランカ)
      ハッシュタグを利用したオンラインマーケットプレイス。ハッシュタグを通じてユーザーが好みの商品を見つけられる仕組み。
  • 音楽
    • KONSERKU(インドネシア)
      コンサート主催者のためのウェブサイト。サービス上では、ユーザーの意見を参考に招待すべきアーティストを絞ることができ、興行の成功をより確実なものにすることができる。
  • Fintech
    • MedKad (マレーシア)
      医療機関で利用できるプリペイドサービス。
    • Swaplt (マレーシア)
      PtoP送金サービス。クレジットカードからチャージでき、外貨両替も可能。(現在はマレーシアリンギットとシンガポールドルのみ)。また、SwapItの発行するクレジットカードで決済が行える。
  • 教育
    • Report Bee(インド)
      教育機関においてデータ活用を促進するためのサービス。生徒に関するあらゆるデータを統合して扱えるようにする。
    • Closing the Gap (マレーシア)
      恵まれない家庭環境の子供たちに高等教育の機会を提供するサービス。キャリアガイダンスなども行っている。
  • 人材派遣
    • SERV (マレーシア)
      フリーランスのカーエンジニアを派遣してもらえるサービス。
  • マーケティング
    • Tagtoo (台湾)
      東南アジア及び台湾におけるインターネット広告を最大限活用し、潜在的なユーザ発掘のプラットフォームを提供。
    • Triip (シンガポール)
      旅行者と現地のエキスパートを結びつけてくれるトラベルプラットフォーム。
  • AR
    • VREX LAB (韓国)
      ポケモンGOとインスタグラムを組み合わせた新感覚アプリケーションの開発。但し探すのはポケモンではなく、友達や有名人の撮った写真。

スタートアップ・コミュニティとしてのMaGIC

MaGICでは、前述したGAPの他に、Distro Dojoというアクセラレーション・プログラムを展開しています。こちらは150K USD以上の資金調達を既に完了しているスタートアップが対象となるようです。さらに、MaGICはいくつかコワーキング・スペースを所有しています。たとえば、講演会場やトレーニング・センター、ラウンジ等も備えた大規模なものです。3Dプリンターといった最新設備を備えているのはもちろんのこと、ネットワーキングセッションや知識シェアのためのセッションなども頻繁に開催されるよう。

10日から行われるMaGICのDemo Dayにアドライト編集部が潜入取材を敢行!そのもようは後日お届けします。お楽しみに!

【香港スタートアップ事情】ハンズオン支援の香港アクセラレータLimeHK

こんにちは。今回は、本メディアでも多く取り上げている香港スタートアップ界隈において、少数先鋭でスタートアップ企業に合わせてカスタマイズしたハンズオン支援に定評があるLimeHKのMichael Yip氏にお話を伺いました。

LimeHKについて

LimeHKは、主にシード期にいる起業家やスタートアップ企業に対して支援を行うシードアクセラレータ。シード期は一般的に、ビジネスアイディアやコンセプトの改善、また、プロトタイプの開発などを行い、世の中に輩出してニーズがあるのかや売れるのかどうか、などを検証するフェーズ。LimeHKでは支援するチームそれぞれの現状に合わせて最適な内容に設計された支援プログラムを提供しています。

”tailor-made”された支援プログラム

ビジネススーツやシューズでオーダーメイドすることを英語で”tailor-made”と言いますが、Michael氏によるとLimeHKでは、シード期の起業家やスタートアップ企業が書かれる多種多様な課題に対して支援するため、”tailor-made”されたプログラムを提供することを重要視しているとお話してくれました。そのため、3か月または4か月など期間が一定のアクセラレーションプログラムが多いことに対して、LimeHKでは期間が決まっていません。3か月から6か月が平均、中には1年など長期にプログラムを組んで支援することもあり、また、チームに合わせて最適なメンターのマッチングも行なっています。多くのアクセラレータでは既に確立されたプログラムがパッケージ化されており、そこにスタートアップ企業が合わせていくことが多いですが、LimeHKでは逆のアプローチをとっています。

起業家と投資家間のコミュニケーションは量より質

その中でも特徴的なものは、アクセラレーションプログラムを卒業する際に開催されるDemo Day。一般的には、アクセラレーションプログラムに参加した約10-20社程度のスタートアップ企業が、VC、エンジェル投資家、メディア関係者などに大勢のオーディエンスに対してプレゼン形式のピッチを行うことが多いですが、LimeHKではこのような形式ではなく、スタートアップ企業とVCが1 on 1で向き合うミーティング形式で行うようにアレンジしているそうです。大規模なピッチイベントの方が多くのVCや投資家に知ってもらうことが可能ではありますが、お互いを知る時間が限定的であることも事実。LimeHKは、両社の間に入り信頼関係を築いた上でよりプライベートな形で濃密なコミュニケーションを取ることが結果的には効率的であると考えているそうです。

職人のSpiritを広めたいと思いで考えられたGroovyBoomプラットフォーム

LimeHKが支援する会社のひとつとして、ローカルの職人がハンドメイド商品にかける技術や想いを世に発信できるCraftmanship Platform 「GroovyBoom」について紹介してくれました。

チーム発足は2012年。当時はイギリスで有名なデザイナープラットフォームであるNot Just A Labelやイタリアの雑誌Vogue Italiaなどで紹介されるなど注目を浴びました。しかし2014年にマネジメント上の都合で一旦クローズ。その後、諦めきれないという強い想いから2016年にLimeHKとともに再出発を切りました。

職人のスピリット、または、職人魂を世に発信したい。GroovyBoomではローカルのものづくりに関するコンテンツの配信に加えて、ワークショップの企画、予約、レビューなどが行えるプラットフォームを目指します。現在はプロダクト開発のフェーズ。ローンチが待ち遠しい、とGroovyBoomにかける想いを語ってくれました。

LimeHK Hong Kong Accelerator GroovyBoom

グローバルに活躍するスタートアップ輩出を目指して

今後のLimeHKは、国外連携も積極的に行っていく方針。香港政府が行っているInvest Hong Kongや大学などとの連携を加速させており、国外から香港や中国市場への誘致に力を入れていくようです。また、インタビューの最後には、日本市場への進出に対しても意欲を見せ日本のスタートアップエコシステムとの連携は今後も積極的に進めていきたいとお話してくれました。

LimeHK Hong Kong Accelerator

LimeHK Program Director のPatrick Leung 氏(左)とManaging PartnerのAndrew Lin氏(右)(2017/02/24香港にて)

いかがでしたでしょうか。弊社では今後も海外のスタートアップコミュニティーに関するトレンドや情報をお届けして参ります。LimeHKや本記事、またその他お問い合わせがございましたら、ぜひこちらからお気軽にご連絡ください!

こんにちは。今回は、本メディアでも多く取り上げている香港スタートアップ界隈において、少数先鋭でスタートアップ企業に合わせてカスタマイズしたハンズオン支援に定評があるLimeHKのMichael Yip氏にお話を伺いました。

LimeHKについて

LimeHKは、主にシード期にいる起業家やスタートアップ企業に対して支援を行うシードアクセラレータ。シード期は一般的に、ビジネスアイディアやコンセプトの改善、また、プロトタイプの開発などを行い、世の中に輩出してニーズがあるのかや売れるのかどうか、などを検証するフェーズ。LimeHKでは支援するチームそれぞれの現状に合わせて最適な内容に設計された支援プログラムを提供しています。

”tailor-made”された支援プログラム

ビジネススーツやシューズでオーダーメイドすることを英語で”tailor-made”と言いますが、Michael氏によるとLimeHKでは、シード期の起業家やスタートアップ企業が書かれる多種多様な課題に対して支援するため、”tailor-made”されたプログラムを提供することを重要視しているとお話してくれました。そのため、3か月または4か月など期間が一定のアクセラレーションプログラムが多いことに対して、LimeHKでは期間が決まっていません。3か月から6か月が平均、中には1年など長期にプログラムを組んで支援することもあり、また、チームに合わせて最適なメンターのマッチングも行なっています。多くのアクセラレータでは既に確立されたプログラムがパッケージ化されており、そこにスタートアップ企業が合わせていくことが多いですが、LimeHKでは逆のアプローチをとっています。

起業家と投資家間のコミュニケーションは量より質

その中でも特徴的なものは、アクセラレーションプログラムを卒業する際に開催されるDemo Day。一般的には、アクセラレーションプログラムに参加した約10-20社程度のスタートアップ企業が、VC、エンジェル投資家、メディア関係者などに大勢のオーディエンスに対してプレゼン形式のピッチを行うことが多いですが、LimeHKではこのような形式ではなく、スタートアップ企業とVCが1 on 1で向き合うミーティング形式で行うようにアレンジしているそうです。大規模なピッチイベントの方が多くのVCや投資家に知ってもらうことが可能ではありますが、お互いを知る時間が限定的であることも事実。LimeHKは、両社の間に入り信頼関係を築いた上でよりプライベートな形で濃密なコミュニケーションを取ることが結果的には効率的であると考えているそうです。

職人のSpiritを広めたいと思いで考えられたGroovyBoomプラットフォーム

LimeHKが支援する会社のひとつとして、ローカルの職人がハンドメイド商品にかける技術や想いを世に発信できるCraftmanship Platform 「GroovyBoom」について紹介してくれました。

チーム発足は2012年。当時はイギリスで有名なデザイナープラットフォームであるNot Just A Labelやイタリアの雑誌Vogue Italiaなどで紹介されるなど注目を浴びました。しかし2014年にマネジメント上の都合で一旦クローズ。その後、諦めきれないという強い想いから2016年にLimeHKとともに再出発を切りました。

職人のスピリット、または、職人魂を世に発信したい。GroovyBoomではローカルのものづくりに関するコンテンツの配信に加えて、ワークショップの企画、予約、レビューなどが行えるプラットフォームを目指します。現在はプロダクト開発のフェーズ。ローンチが待ち遠しい、とGroovyBoomにかける想いを語ってくれました。

LimeHK Hong Kong Accelerator GroovyBoom

グローバルに活躍するスタートアップ輩出を目指して

今後のLimeHKは、国外連携も積極的に行っていく方針。香港政府が行っているInvest Hong Kongや大学などとの連携を加速させており、国外から香港や中国市場への誘致に力を入れていくようです。また、インタビューの最後には、日本市場への進出に対しても意欲を見せ日本のスタートアップエコシステムとの連携は今後も積極的に進めていきたいとお話してくれました。

LimeHK Hong Kong Accelerator

LimeHK Program Director のPatrick Leung 氏(左)とManaging PartnerのAndrew Lin氏(右)(2017/02/24香港にて)

いかがでしたでしょうか。弊社では今後も海外のスタートアップコミュニティーに関するトレンドや情報をお届けして参ります。LimeHKや本記事、またその他お問い合わせがございましたら、ぜひこちらからお気軽にご連絡ください!